不調を早期に改善する方法【医院で受ける治療法】

時期と時間

交通事故の発生率が減少していることに伴い、交通事故による死亡者数も減少傾向にあります。 交通事故が減少している理由として、飲酒運転や速度違反運転をする悪質なドライバーの減少が大きく影響していると言われています。 しかし日本のどこかで毎日交通事故はおきており、いつ自分が交通事故の加害者や被害者になってもおかしくない状況ですので、常に注意を払っておかなければなりません。 それでは交通事故について詳しく見ていきます。 交通事故は一年中発生していますが、発生しやすい時期と時間が存在します。 交通事故が最も発生しやすい時期は12月、発生しやすい時間は夕暮れ時から日没にかけてが交通事故が多くなるという統計が出ています。

12月は師走と言われるほど1年の中で最も慌ただしい時期です。仕事だけではなくプライベートも慌ただしくなります。帰省や旅行などで普段運転に慣れていない人が運転をしたり、不意の雪に対策が間に合わないなどが事故が増える理由です。 その他にも12月は1年で最も日が短い時期で、ライトの点灯が遅れて事故を招いてしまうということも多くなっています。 これらほとんどが自分の注意で避けることが出来ますので、12月の夕暮れ時から日没までは特に自分と周囲に注意を払う必要があります。 そしてこの交通事故で1番多い怪我がムチウチです。ムチウチは事故後すぐに症状が現れることがなく数日後に頭痛や肩の痛み、首の痛み、めまい、吐き気など様々な症状があらわれます。 症状があらわれたら整形外科や接骨院で早めに治療が必要です。